横浜事業所では、廃油・廃酸・廃アルカリから代替燃料を製造、汚泥・燃え殻・ばいじん・樹脂系廃棄物からセメント原燃料を、廃木材・解体材・梱包材から発電用木材チップ・合板用原材料を製造し各種廃棄物のマテリアルリサイクルを行います。
処理方法にはCO²負荷の少ない方法を選択し、環境負荷低減と地球資源の循環に貢献します。

扇町センターでは、敷地内に、選別ライン・破砕機・溶融機・圧縮機を設置し、廃プラスチック類・ガラス陶磁器くず等のリサイクル及び廃棄物の減容・減量化に努め、環境に与える影響を最小限にしております。

運輸部では廃棄物の運搬に最適な各社車両を20台以上有し、関東圏を中心として東北地方から中国地方に及ぶ地域について物流サービスを提供しています。


INFORMATION

2018-04-01
子会社のJWロジスティクス鰍吸収合併し、横浜事業所傘下の運輸部となりました。
2017-05
横浜工場『脱水』施設が完成いたしました。
2016-05
愛川センターを閉鎖いたしました。
2016-02
2013-06-01
1-4ジオキサン 横浜市処分許可を取得いたしました。
2012-07
横浜事業所 ISO14001 認証取得いたしました。
2012-02-03
ジャパンウェイスト横浜事業所ホームページ開設いたしました。
2010-12-02
ジャパンウェイスト横浜事業所を開設いたしました。